アイデア商品

アップルウォッチのバンドの被れ対策は

アップルウォッチなどのスマートウォッチ。24時間手首に巻いていると暖かくなると、痒くなったり、あせも、かぶれなどが発生する方がいらっしゃいます。

まず頭に浮かぶのがテニスや野球の時装着するリストバンドを着けて、その上からウォッチを巻く方法。一番簡単ですが、「ブレスレット式ならバンドの調整」、「バックル留めなら強めに留める」などが必要になります。

強くバンドを締めれば手首との隙間がなくアセモの原因に。リストバンドに巻くと手を振ったときに、ウォッチ全体がずれて外れる可能性もあります。

本品は、マイクロファイバー製の薄い生地のためバンドの調節がほとんど不要。また、どんな激しいスポーツ時にも、3点のバンドで固定していますのでずれる心配は皆無。2016~2017年に、「NHKおはよう日本 まちかど情報室」で3度紹介された最新バージョンのアームハンカチです。

実際にウォッチを装着して手の甲側2点をボタン留めした状態。

手のひら側をボタン留めした状態。3点でウォッチを支えていますので、ランニングやテニスなどの激しくスウィングするシーンでも大丈夫。

センサー部分は、2×4センチの開口部がありバッチリ。

生地は、眼鏡の油脂取りに使用する高級生地。夏場は、数十分で乾きます。

詳しくは、GIGAXのショップで・・http://gigax.jp/item1733.html