どこにでも保冷剤ポケットタオルポーチ

アイデア商品

保冷剤用ポケットの付いたタオルがなくても・・・・・今あるタオルに取り付けるタオルのポーチです。

ほとんどのフェイスタオル、スポーツタオル、バスタオル、マフラータオルに取り付け可能。夏は、何度も洗濯するから予備を持っていれば安心。

下の写真は、フェイスタオルに取付、後ろから見た様子です。かわいいチワワの刺繍がいいでしょう。

HP-11200

 

 

 

 

普段は、ポケット付きのハンカチ、サニタリー入れ、ポーチ、小物入れに。タオルポーチにはスナップボタンを2か所付けていますので、逆さまにしても中身が出ることがありません。

保冷剤を入れると色物は衣服への色移りの原因になりますので、タオルは今治産のハンカチ専用の白色タオル。縁加工は、メロー巻の上にバイアステープで巻く2重構造だから抜け落ちせず何度洗濯しても伸びることが皆無です。

【バイアステープ付けるとなぜ高い】

タオル生地は、パイルの部分を切るとパイルが抜け落ちやすくなります。そこで、まず下地をオーバーロックなどのミシンでほつれ止めします。その上からバイアステープを巻きますので材料代、加工賃が結構かかります。バイアステープ巻き商品で価格の安いのはオーバーロックをして無いのが多いです。

【ハンカチとフェイスのタオルの違いは】

タオルならフェイスタオルなどの長方形とハンカチ専用の生地は同じと思う方が多いようです。ハンカチ専用は、抜け落ち防止のため生地の密度が多いです。通常ハンカチ以外の生地でメローなどを巻くと抜け落ちの原因になります。だからハンカチ専用は単位面積あたりの価格が高くなります。

製造メーカーだからオリジナル制作の可能。チワワの刺繍の部分に、オリジナルシルクスクリーンプリントやロゴ刺繍もOKです。

オリジナルは、メールでご連絡下さい。

商品の詳細はGIGAXのショップで

 

タイトルとURLをコピーしました