保冷剤入るハンカチの比較

最近、メールや電話のお問い合わせが急増しましたので・・・・
特に多いお問い合わせの回答をいたします。
horeihikaku1
上記写真の左 ジャパンブルーがタオル生地、右がマイクロファイバー生地です。
弊社オリジナル品で比較しますと
いずれも100円ショップの30グラム保冷剤を「アームはんかち」にいれての場合です。
サイズ:タオルは7.5×10×厚み3センチ  マイクロファイバーは7.5×10×厚み1.3センチ
重さ:タオル約48グラム マイクロファイバー約42グラム
保冷剤をハンカチに入れてポケットに入れるとタオルは少し厚いかも
マイクロファイバーは生地厚がタオルの約半分だから、保冷の感度はマイクロファイバーに軍配
持続時間は、タオルの方が少し有利か?
そして根本的な違いがあります
続きを見てね


アームハンカチのタオル生地は、汗を拭く時は汗をぬぐうように滑らす。
一方マイクロファイバーはたたくようにして汗を取る。
女性の方はマイクロファイバーの方が肌を傷めないかも。
夏場、豪快に汗を拭きたいかたはタオルをお勧め。
あ、共通点もあります。
巷にあふれてるのはハンカチにポケット付けて保冷剤を入れるタイプが主流?
弊社開発のアームハンカチは、保冷剤をやさしく包む・・・という表現が正しいい。
いわば、日本古来の風呂敷のような感じで四隅結ぶ代わりにマジックテープで留めるという事です。
少しは参考になりましたか?
ご注文、お問い合わせは・・・・・GIGAXのショップから
マイクロファイバー生地(レギュラー版)AH-W7 https://gigax.jp/item825.html
マイクロファイバー生地(リバーシブル)AH-W5 https://gigax.jp/item793.html
タオル生地              AH-03 https://gigax.jp/item440.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました